News

2017/01/13日~15日
平成28年度 津久井在来大豆の大豆の会、味噌仕込みを行いました。

2017/6/17    平成29年度 津久井在来大豆の大豆栽培・味噌作り体験の会が始まりました。(随時募集中)。

平成29年 津久井在来大豆 大豆栽培・味噌作り体験の会

平成29年6月17日(初日)からスタートしました。

本年度は60名ほどの参加者の予定です。
6月17日は天候も良く、午前中に1面、午後から1面に大豆の種を蒔き終わりました。
参加者は随時募集しています。お問い合わせは下記まで。
【お問い合わせ】
◎根小屋ファーム 石井 好一
 電話:042-784-3630 090-9928-8342 FAX:042-785-6830 



クリックすると拡大します。

6月の根小屋ファーム

おいしい新鮮なキャベツ、レタス、ブロッコリー、キュウリ等の販売中

安全・安心な取れたて野菜を販売中


 青々とした味の濃いキュウリ、ブロッコリーの収穫開始

プロフィール記事

JAグループの出版・文化事業を営む団体の『家の光』に掲載されました。

元農林水産省所管『家の光』の誌名には、家族のきずなを強めることから出発し、地域のきずな、みんなで協同しあう心を広げていこうという意図が込められています。これまで以上に「食と農」「暮らし」「協同」「家族」の4つのテーマをたいせつにしながら、JAを拠りどころに「農家・農村で暮らしてよかった」と実感できる魅力的な暮らし方を提案します。



神奈川県相模原市緑区青根で蕎麦振舞い。

平成29年2月26日、上野田自治会館にて十割蕎麦の試食会。

ねごやファームの石井さんの親せきの方から畑を借り、十割蕎麦を収穫する目的で昨年の8月に玄蕎麦の種蒔き。
11月8日に収穫。

十割蕎麦に拘り、含水率等を小まめに調整。

収穫後の蕎麦の管理次第で十割で蕎麦を打てるかが決まる。
小まめな管理と工程を行い神楽坂のたかさご店主宮澤先生から玄蕎麦を挽いていただきました。
風味のある青根十割蕎麦が出来、皆さんに振舞うことができました。




クリックすると拡大します。

平成29年3月19日 逗子交流センターで味噌作り

津久井在来大豆を使用し、無添加の味噌仕込み。

 とちぎやとうふ工房(神奈川県逗子市久木3-3-37)様とねごやファームのコラボにより、3月19日に神奈川県逗子市 逗子交流センターで味噌作りを行いました。
150kgの津久井在来大豆を用意。参加者は200名様ほどで大盛況でした。

味噌汁も振舞われた。

昨年仕込んだ味噌を使った味噌汁が参加者に振る舞われます(とちぎや提供)




クリックすると拡大します。

津久井ふるさとたまごの初玉

初玉は若鶏が初めて卵を産み出す僅かな期間に獲れる卵です。
古くから産前・産後、病中、滋養強壮に良いとされています。
アルギニン等の栄養が豊富に詰め込まれている貴重卵。
アレルギーを引き起こす防腐剤、抗生物質等が含まれていないハーベストフリーの飼料を与えています。
現在、販売中です。
最初に生み出す頃は30g程度、平均50g前後です。
その後、だんだん大きな卵となっていきます。

ニッポン放送「八木亜希子 LOVE&MELODY」で放送

2016年2月27日『10時の”グツと”ストーリー』でねごやファームが紹介されました。

ねごやファームの津久井在来大豆について取材が有り、2016年2月27日に放送されました。
有機肥料を使用し、できるだけ農薬を使わず、安心・安全な新鮮野菜・津久井ふるさとたまごを提供してまいります。
津久井在来大豆を使用した味噌作り、有機肥料を使用した野菜、無農薬自家栽培蕎麦(十割蕎麦に使用)、飼料にこだわった朝採れたまごにご興味がありましたらご来店またはお問い合わせください。
2016年2月27日放送内容をダウンロードしてご視聴できます。

生産者の顔が見える卵 想像の斜め上をいく生産者に驚きの声

ネットで話題になった記事

神奈川県相模原市の農林産物直売所で販売されていた卵に、一風変わった「生産者の顔」が添えられていると話題です。

津久井在来大豆 体験栽培と味噌造り体験がスタートします。
途中参加もできますのでお問い合わせください。

平成29年津久井在来大豆体験栽培と味噌造り体験受付開始しました。

津久井地域農業経営士会では、相模原市緑区で幻の大豆「津久井在来大豆」の播種から収穫調整作業までの栽培体験と収穫した大豆を使った味噌加工体験を実施しています。
平成29年度の募集は、平成29年3月以降から随時受付となります。
※途中からの参加も可能です。
募集内容。
【日程】平成29年6月~平成30年1月頃まで
 ●栽培体験 平成29年6月~11月まで (複数回)
 ※主な作業:種まき、除草、土寄せ、収穫、脱穀、選別など
原則、体験は土曜日に行いますが、気象条件や大豆の生育状況により、日曜日または平日に行うこともあります。
  ●味噌加工体験 平成30年1月の連続して3日間(平日と休日)
   ※自分たちで持ち帰る味噌を作ります。(10kg)
 【費用】 8,000円
味噌加工体験で作った味噌(10kg)をお持ち帰りになれます。
尚、交通費は自己負担になります。

根小屋ファームの紹介

 1.歴史・概要

当農場は養鶏が主体で、その傍らで野菜・大豆栽培に手掛けています。野菜・大豆栽培を手掛けるようになったのは、1996~1997年にかけて、鶏卵の販売先を大きく変えたことがきっかけです。以前は鶏卵を中卸業者に販売していました。
 人間も鶏も食事の質は大事です。唯、玉子を産ませて販売するだけで良いのか?食の安心・安全に拘った玉子を生産したいとの思いは飼料からと考えを替えたのです。飼料添加物は時としてアレルギー症状に繋がります。飼料に添加物を加えれば卵に影響が出ます。食の安全を私ども生産者は最重要課題と考えます。
 そして、自家直売に重きを置き、学校給食への納品にも至りました。飼料が鶏に優しいなら、鶏糞に現れ、良き肥料となります。化学肥料は土壌を疲弊させます。有機肥料は土壌の微生物にも優しいと言えましょう。農業は土壌作りが大事です。鶏糞を発酵・乾燥させる設備を備え、野菜・大豆栽培を始めました。
 これが「ねごやファーム」の創業です。

初めは栽培面積が50aでありましたが、徐々に広がり、現在では栽培面積が2.5haとなりました。
2.栽培の取り組み

1) 鶏糞を使った栽培
 当農場の鶏からでた鶏糞を醗酵させ、サラサラにさせます。サラサラにさせた鶏糞を畑に撒き、野菜・大豆栽培に無駄なく使います。鶏糞は作物に大切な栄養素を与え、作物の成長を助け、作物に旨みを与えてくれます。
また当農場内で利用することは、外で堆肥や肥料を買うことを抑え、その運送にかかる燃料を削減し、環境にもやさしいことにも繋がります。
※12月24日~翌年1月3日間の発送はできません。

2) 輪作
 輪作とは、同じ種類の農作物を続けて同じところで栽培せず、違った種類の作物を一定の期間を置いて、周期的に栽培することです。輪作することによって、病害虫の発生を抑え、農薬の使用量・回数を減らすことに結び付きます。

3) 多品種栽培
 キャベツ、レタス、ブロッコリー、津久井在来大豆を主に生産しています。その他に、ネギ・大根・キュウリ・トウモロコシ・ニンジンなどの定番野菜、リーキ・コールラビ・サボイキャベツなどの西洋野菜、聖護院カブ・日野菜などの京野菜を小量で栽培しています。





大豆の花

大豆の花は自家受粉をするため、人手や虫の力を借りることがなく開花します

安心・安全な減農薬

有機肥料(鶏糞)を使用し、大豆の開花時に回数を減らす減農薬栽培

大豆の収穫

地域の子供たちとの収穫の秋、今年は770人の小学生が体験しました

津久井ふるさとたまご

飼料のこだわった安心・安全な朝採りたまごを提供しています

朝採り新鮮野菜の販売

根小屋地区で採れた新鮮な朝採り有機肥料をしようした野菜を生産・販売

農業研究会での講師

次世代の農業の在り方に関する研究会

自社育苗・管理・販売

育苗からの生産を行い、有機肥料を使用し、管理販売

初たまご

初めて生むたまごで非常に栄養がある貴重なたまごです。量が少なく運が良ければ購入できます。

ねごやファーム代表の石井好一は津久井で3代続く養鶏場(有限会社石井金原養鶏)を経営、息子の祐治で4代目になる。
食の安全を考え、津久井ふるさとたまごは遺伝子組替えのされていない厳選された飼料を使用し、着色されていない安心・安全なおいしいたまごを提供しています。
野菜の栽培に使用する有機肥料は自社の栄養豊富な安全な鶏糞と発酵させ使用しています。
有機肥料を使用した朝採り新鮮野菜を一度体験してくだい。必ず満足いただける確信しています。
一方、津久井在来大豆の普及に努める「大豆の会」の代表を務める。大豆の会は15年前、津久井地域農業経営士会のメンバー4人を中心に結成。県と協力して、津久井地域内の遊休農地を利用して、公募で津久井在来大豆を育てる体験農園利用者を募集。50人程度で始めた試みは、今では150人近くが従事し、相模原市津久井地区で約9トンもの大豆を生産している。本年度は、地域の小学生770人が津久井在来大豆の栽培と収穫、、味噌作りを体験しました。

Tel : 042-784-3630  Fax : 042-785-6830
mail : info@negoyafarm.com
メール

Outline

会社名 ねごやファーム|有限会社 石井金原養鶏

住所

  • 〒252-0153
  • 神奈川県相模原市緑区根小屋1510

設立

  • 1953年

代表

  • 三代目 石井 好一
  • 四代目 石井 佑治

営業時間

  • 年中無休 10:00~17:30